リコーイメージング

リコーイメージング「Digital Camera Utility 5」ソフトウェアアップデート

リコーイメージングは「Digital Camera Utility 5」のソフトウェアアップデートを12月19日に提供開始しました。

主なアップデート内容は「最新OSへの対応」など


ソフトウェアアップデート内容

Digital Camera Utility 5 Macintosh版(ver.5.8.4)

MacOS 10.15 Catalina に対応


Digital Camera Utility 5 Windows版(ver.5.8.4)

1.ノイズリダクションパネルのパラメーターを変更した画像ファイルをDCU 5再起動後に開いた際、各ノイズリダクションパラメーターの変更内容が復元されない点を修正

2.LaboratoryモードでJPEG画像を調整(パラメーター変更)し、再現像保存せずにBrowserモードに移行しようとした際に表示される保存警告ダイアログにおいて、「はい」を選んで画像ファイルを保存しても調整パラメーターが保存画像に反映されない点を修正

3.Laboratoryモードで画像表示ページを全部閉じた状態でBrowserモードに移行しようとすると、エラーメッセージ “Encountered an improper argument”が表示されてフリーズする点を修正


「Digital Camera Utility 5」 ダウンロードページ

Digital Camera Utility 5 Macintosh版 ダウンロードページ


Digital Camera Utility 5 Windows版 ダウンロードページ