Nikon(ニコン) Z7

ニコン 「Z7」「Z6」 ファームウェアアップデート(Ver.2.01)

ニコンはフルサイズミラーレスカメラ「Z7」「Z6」の機能を向上をはかるファームウエアを2019年7月31日に公開しました。

主なアップデート内容は「特定の条件下での不具合」の修正。

2機種とも変更内容は同じで、更新後のバージョンは、Ver.2.01となります。


本体ソフトウェアアップデート内容

詳細は以下の通りです。

以下の設定で静止画撮影時または動画撮影時にカメラが顔認識をしている時、ごくまれにカメラの動作が遅くなったり、エラー表示が出たり、カメラの操作ができなくなったりする現象の修正

1.静止画の場合
・[静止画撮影メニュー]>[AFエリアモード]>[オートエリアAF]を選択
・[カスタムメニュー]> a4[オートエリア AF 時の顔と瞳認識]>[顔認識と瞳認識する]または[顔認識する]を選択

2.動画の場合
・[動画撮影メニュー]>[AFエリアモード]>[オートエリアAF]を選択
・[カスタムメニュー]> a4[オートエリア AF 時の顔と瞳認識]>[顔認識と瞳認識する]または[顔認識する]を選択
※ 動画撮影時は「瞳認識」が無効になります。

3.以下の全てを設定して撮影した時に、ごくまれに画像下部が異常となる場合がある。
・撮影モードダイヤルでAUTO、P、Aのいずれかを選択
・[静止画撮影メニュー]>[画質モード]でRAWを含む設定を選択
・[静止画撮影メニュー]>[RAW記録]>[記録ビットモード]>[14ビット記録] ・[カスタムメニュー]> d5[シャッター方式]>[オート]を選択
・レリーズモード、セルフタイマーボタンで[高速連続撮影(拡張)]を選択


ファームウェアダウンロードページ

ニコン 「Z7」「Z6」 (Ver. 2.01)

ミラーレスカメラ「Z 7 Ver. 2.01」「Z 6 Ver. 2.01」用ファームウェアのダウンロードを開始 デジタ…