キヤノン RF70-200mm F2.8 L IS USM

キヤノン 「RF70-200mm F2.8 L IS USM」ファームウェアアップデート(Ver.1.0.6)

キヤノンはフルサイズミラーレス用レンズ「RF70-200mm F2.8 L IS USM」の機能を向上をはかるファームウエアを2020年1月8日に公開しました。

バージョンは「Ver.1.0.6」です。

アップデート内容は「レンズの焦点距離が200mm(望遠端)付近のとき、近距離の被写体をAF撮影すると、ピント位置が僅かに手前側になる現象を修正」


ソフトウェアアップデート内容

詳細は以下の通りです。

レンズの焦点距離が200mm(望遠端)付近のとき、近距離の被写体をAF撮影すると、ピント位置が僅かに手前側になる現象を修正

古いバージョンのファームウエアを搭載したレンズが対象
レンズのファームウエアバージョンはカメラのメニューから確認できます。


ファームウェアダウンロードページ

キヤノン 「RF70-200mm F2.8 L IS USM」 (Ver.1.0.6)

RF70-200mm F2.8 L IS USMのファームウエアの変更内容を説明しているページです。…