Canon(キヤノン) EOS-R

キヤノン 「EOS R」「EOS Ra」 ファームウェアアップデート(Ver.1.6.0)

キヤノンはフルサイズミラーレス一眼レフカメラ「EOS R」「EOS Ra」の機能を向上をはかるファームウエアを2019年12月5日に公開しました。

アップデート内容は「RF85mm F1.2L USM DS に対応」など。

更新後のバージョンは、Ver.1.6.0となります。


本体ソフトウェアアップデート内容

詳細は以下の通りです。

1.RF85mm F1.2L USM DS に対応

2.エコモード中にコントロールリングを操作すると、コントロールリングに割り当ての機能や設定値が変わってしまうことがある現象を修正

3.Wi-Fi接続による Camera Connect 使用で、”撮影自動転送” の際にカメラが正常に操作できなくなることがある現象を修正

4.外部ストロボ使用によるハイスピードシンクロが、カメラカスタムファンクションC.Fn2 “シャッタースピード制御範囲設定”で変更された数値によっては正常に動作しないことがある現象を修正

Version 1.4.0 以前のファームウエアを搭載したカメラが対象


1.RF85mm F1.2L USM DS に対応

2.EOS R のファームウエア Version 1.4.0 の内容が反映

Version 1.5.0 以前のファームウエアを搭載したカメラが対象


ファームウェアダウンロードページ

キヤノン 「EOS R」 (Ver.1.6.0)

EOS R ファームウエアの変更内容を説明しているページです。…

キヤノン 「EOS Ra」 (Ver.1.6.0)

EOS Ra ファームウエアの変更内容を説明しているページです。…