【Profoto】 Air Remote TTL-S

【Profoto】 Air Remote TTL-Sの使い方

今回は 「Profoto Air Remote TTL-Sの使い方」を解説していきます。

「Air Remote TTL-S」はスゴく便利なので、仕事でも使っています。


Profoto Air Remote TTLとは

製品紹介

Air Remote TTLをカメラのホットシューに取り付け、TTLモードで被写体に向けてシャッターを切るだけで、Air Remote TTLがストロボと通信し、適正露出が自動的に得られます。
Air Remote TTL は、AirTTL搭載のストロボとカメラを無線で接続します。

Profoto AirTTLシステムを活用すれば、露出計が不要になり、より迅速にスムーズに撮影を進めることができます。
より細かくコントロールしたい場合は、最初にTTLモードで撮影して適正露出を得たら、マニュアルモードに切り替えます。
TTLモードで得られた適正露出値が引き継がれるため、そこからストロボに微調整を加え、思い通りの演出をすることができます。

Air Remote TTLには、Profotoのハイスピードシンクロ (HSS) 機能が搭載されており、最速1/8,000秒のシャッター速度でストロボをシンクロ可能です。
強い環境光の下での撮影でも、HSSを使用することで、光を自在にコントロールすることが可能になります。
環境光とストロボ光をミックスさせた撮影の際にも、被写体の動きをフリーズさせて捉えた写真の撮影が可能になります。


特徴

・カメラのホットシューに取り付けると、カメラとAirTTLライトを無線で統合可能
・TTLモードでの撮影は、カメラを向けてシャッターを切るだけの完全な自動撮影
・HSSモードで撮影すると、日光が広範囲を照らす場所でも光を形作ることが可能
・自動TTL設定を変更しないままTTLモードをマニュアルモードに切り替えられるので、撮影時間を大幅に削減
・Airに対応するProfotoのライトをシンクロし、手動制御可能
・直感的操作が可能なユーザーインターフェイス
・最大300 mの広大な有効範囲
・8デジタルチャンネル
・チャンネルごとに最大3グループのライトをコントロール可能
・ファームウェアアップグレード用 USB ポートを搭載
・世界中で使用承認取得済み

引用元:Profoto公式ページより


「Air Remote TTL-S」の使い方


動画の内容を整理

「Air Remote TTL-S」のボタンはこれだけ

1. ONボタン
2. エネルギーボタン
3. グループボタン(A,B,C)
4. テストボタン
5. モードボタン
6. チャンネルボタン
7. ヘッドボタン
8. モデリングボタン

高機能なのにボタンは8個だけ。

動画で使いかたを覚えれば、ガンガン使いこなせますよ。


まとめ

何回もいいますが、「Air Remote TTL-S」があるとスゴく便利です。

動画でも話していますが、ポートレート撮影では「Profoto A1」との組み合わせは最強。

メインライトとしてはもちろん使えますが、補助光として使うと表現の幅がひろがります。

補助光としての使い方については、次の機会に解説したいと思います。


YouTubeをはじめたばかりなんですが、本当にむずかしい。

話すことはもちろん、映像や音声の質を上げることが目標です。

少しづつですが、見やすいコンテンツを増やしていくので、チャンネル登録をしてもらえるとうれしいです。

🔽チャンネル登録は、こちらをクリック!

YouTube

日本広告写真家協会に所属しているプロカメラマンです。 このチャンネルでは仕事ではなく、プライベートで撮影した作品写真を動…


🔽noteは、こちらをクリック!

note(ノート)

企業の広告撮影をしています。日本広告写真家協会正会員。得意な撮影は日本刀とポートレート 。撮影依頼はDMまで(撮影実績→…