sony xperia8

「SONY XPERIA 8」プロカメラマンがカメラ性能をサクッと解説!

ソニーモバイルが「Xperia 8」を発表しました。

Snapdragon 630を搭載したミドルレンジスマホで、21:9の超縦長ディスプレイを搭載。

ワイモバイルから発売予定。

価格は税込5万4000円ということです。



「Xperia 8」のカメラの特徴は

デュアルカメラ搭載

約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラ搭載により、効果的に背景ボケを作ることが可能。

ポートレート写真では必須の機能ですよね。


光学2倍ズーム

デジタルではなく光学で2倍ズームできるというのは大きなメリット。

なぜなら、デジタルデータをトリミングすることにより、疑似的にズームをしているわけでなく、レンズを用いてズームを実現しているので画像劣化がありません。


プレミアムおまかせオート

何と、被写体や撮影状況に応じて13種類のシーン×4つのコンディションを自動で判断します。

ここ大事なので、もう一度書きますが「Xperia 8」が勝手に判断してくれます。

ということで特別な知識が無くても、美しい写真を撮ることが可能になりますね。

13種類のシーン

料理・夜景&人物・逆光・低照度・夜景・ソフトスナップ・赤ちゃん・ドキュメント・風景・スポットライト・逆光&人物・マクロ・オート

4つのコンディション

固定・動き・歩き検出・オート


21:9で撮影

16:9をはるかに超える21:9という横長画面で写真も動画も撮影可能。

今まで感じたことがない、新しい感覚で面白い写真が撮れそうです。


ポートレートセルフィー

わざわざアプリを買わなくても、セルフィー撮影時に背景の「ぼけ」や「美肌」、「目の大きさ」、「肌の明るさ」、「輪郭補正」という5つの効果をつけられます。

買わなくていいというメリットだけで無く、もう一つの大きなメリットは純正アプリということでカメラの特性に合わせてチューニングできます。

その為、より効果的な補正が実現します。


セルフィーをSNSによくアップする女性たちには手離せない機能ですよね。

より綺麗でかわいいビジュアルでアップすれば、圧倒的な「いいね!」の数がつきそうです。


電子式手ブレ補正

これはスマホカメラでは欠かせない機能です。

特に「Xperia 8」はSONYのミラーレスやムービーカメラの技術がフィードバックされているので、高度な補正が期待できます。


スペック

メインカメラ1 有効画素数約1200万画素/F値1.8
メインカメラ2 有効画素数約800万画素/F値2.4
フロントカメラ 有効画素数約800万画素/F値2.0
静止画撮影サイズ メイン 4000×3000/フロント 3264×2448ドット


まとめ

5万円台のスマホカメラとしては、かなり高いスペックとなっています。

ソニー製ということもカメラ性能の高さを感じさせますね。

スペックを見る限り、iPhoneやハイエンドモデルと遜色ない写真が撮れそうですし


写真を始めたいけど、デジタルカメラを買うのは、少し躊躇するという方にはスマホカメラで始めるのをオススメしますよ。

その上、写真の勉強をすれば、スマホカメラでもレベルの高い写真を撮れるようになります。

もし、本気で写真の勉強をしたいなという人がいたら、スマホで始める写真撮影の教科書というnoteを書いたので、ぜひ見てください。

無料部分を読むだけでも、写真の撮り方が分かるかもしれませんよ。


NAOVIC Magazine

「一眼レフを使わないと、写真が上手くならない?」 と割と聞かれるので、真面目に教科書を作りました。 スマホカメラで写真を…