α7R III、α7 III用の最新ファームウェア(Ver.3.00)の提供

ソニーα7R III、α7 III 最新ファームウェア提供開始(リアルタイム瞳AFの動物対応など )

ソニーはフルサイズミラーレスカメラ「α7 III」「α7R III」の本体ソフトウェアを4月11日にアップデートを提供開始。

主なアップデート内容は「リアルタイム瞳AFの動物対応」と「インターバル撮影機能」の機能を追加。

更新後のバージョンは、どちらもVer.3.00となります。


本体ソフトウェアアップデート内容

「α7R III」「α7 III」のアップデート内容は共通。

詳細は以下の通りです。


1.リアルタイム瞳AFの動物対応
人物と動物の瞳を同時に検出することはできません。
また、動物の種類、複数の動物、動き回るような撮影環境では、瞳を検出できない場合があります。

2.リアルタイム瞳AFがシャッターボタン半押しやAF-ONボタンに対応

3.インターバル撮影機能の追加

4.ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT[別売]に対応

5.操作性改善

6.カスタムキーに割り当てできる機能に”MENU”を追加

7.FnボタンによるMENUタブの操作

8.その他の動作安定性向上


本体ソフトウェアアップデートダウンロードページ

「α7R III(ILCE-7RM3)」ソフトウェアダウンロードページ

ソニー デジタル一眼カメラα 本体ソフトウェアアップデート・本体アップデート情報…


「α7 III(ILCE-7M3)」ソフトウェアダウンロードページ

ソニー デジタル一眼カメラα 本体ソフトウェアアップデート・本体アップデート情報…