ソニー「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」

ソニー「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」2019年7月26日発売!

ソニーよりEマウントレンズ初の超望遠ズームGレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」が2019年7月26日発売予定と発表。

2019年6月18日(火) 10時より予約販売開始予定。

希望小売価格は278,000円(税別)



特徴

1.高性能テレコンバーター(1.4×/2.0×、別売)に対応し、高い描写性能とAF性能を実現しながら、最長1200mmでの撮影が可能

2.光学式手ブレ補正機構を内蔵。流し撮りに対応したMODE2に加え、スポーツなど動きが不規則で激しい動体撮影時にフレーミングを安定させるMODE3を搭載

3.5枚のEDガラスと非球面レンズを採用した最新の光学設計で、ズーム全域での高解像を実現

4.ソニー独自のナノARコーティングの採用で、内面反射によるフレアやゴーストを抑えた抜けの良いクリアな描写が可能

5.11枚羽根円形絞りの採用で、美しい円形ぼけを実現

6.ハイパワーで高精度な駆動が可能なソニー独自のダイレクトドライブSSM(DDSSM)を採用し、高速・高精度かつ静音性に優れたオートフォーカスを実現

7.ズーム時に鏡筒の長さが変わらないインナーズーム方式を採用

8.カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンをレンズ鏡胴部に3箇所配置。あらゆるホールディングスタイルに対応

9.あらかじめ合焦する範囲を限定して不要な被写体への合焦を避け、迅速なフォーカシングを可能にするフォーカスレンジリミッターを搭載

10.マニュアルフォーカス時のリング操作には、回転角度に対してリニアなフォーカス移動が可能なリニア・レスポンスMFを採用

11.防塵・防滴に配慮した設計や、レンズ最前面にフッ素コートを施すなど、高い信頼性でフィールドワークをサポート




オフィシャルサイト

ソニー製品情報・ソニーストア

高い描写性能と高速・高精度なAF性能 インナーズーム方式採用で安定したホールディングを可能にした超望遠ズームレンズ…