ライカM10モノクローム

「ライカM10モノクローム」が近日中に発表!


ライカM10モノクローム

ライカのモノクロと言えば「ライカMモノクローム(Typ246)」です。

2015年に発売されてから約5年。

やっと、新機種が近日中に発表されることになりました。


「ライカMモノクローム(Typ246)」のスペックを簡単に紹介すると、モノクロ撮影専用の2400万画素イメージセンサーを搭載しています。

感度は最大ISO25000まで対応しています。


このカメラはモノクロ専用ということでカラーフィルターが搭載されず、ローパスフィルターもありません。

その為、撮影した写真を見ると圧倒的な階調表現力でした。


「ライカM10モノクローム」もモノクロ専用イメージセンサーを搭載し、うわさ通り4000万画素だと、スゴい画質になりそうです。

「ライカMモノクローム(Typ246)」はオールドレンズとのマッチングがあまりよくありませんでしたが、「ライカM10モノクローム」では改善されるとうれしいですね。


🔽「ライカM10モノクローム」に興味がある方は、こちらもどうぞ

NAOVIC Magazine

ライカから35mmモノクローム専用フルサイズレンジファインダーカメラ「M10モノクローム」が2020年1月25日に発売さ…

NAOVIC Magazine

「ライカM10モノクローム」に新情報がでました。今回のスペックをみる限り、かなり期待大です。…


最新の価格を知りたい方はこちらへ(発売までおまちください)

Amazonはこちら ⇨ 「ライカM10モノクローム」

楽天はこちら ⇨ 「ライカM10モノクローム」