FUJIFILM XF16mmF2.8 R WR

FUJIFILM、「XF16mmF2.8 R WR」シルバーモデルが5月23日発売

富士フイルム株式会社は、ミラーレスカメラXシリーズ用交換レンズ「XF16mmF2.8 R WR」のシルバーモデルを5月23日に発売。

希望小売価格5万5,000円(税別)になっています。

ブラックモデルは3月20日に発売済み。


主な特徴

「フジノンレンズ XF16mmF2.8 R WR」は、明るい開放F値2.8、焦点距離16mm(35mm判換算:24mm相当)のレンズで、画面周辺部まで高い解像性能を発揮。わずか155gの質量・スタイリッシュなデザインで、高速AFが可能であるため、軽快なスタイルでスナップ撮影や風景撮影をお楽しみいただけます。

本製品は、非球面レンズ2枚を含む8群10枚のレンズ構成により、像面湾曲や球面収差を効果的に抑制し画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮する広角レンズで、独自開発のX-Trans™(*1)CMOSセンサーの性能を余すことなく引き出します。また、インナーフォーカス方式(*2)を採用し、ステッピングモーター(*3)によりフォーカスレンズを駆動させることで、AFの高速化・静音化を可能とします。さらに、わずか155gの小型軽量を実現しました。

外装には金属製パーツを全面に用い、高級感と堅牢性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインを採用。絞りリングやフォーカスリングの使用感も追求し、快適な操作性を発揮します。さらに防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のタフネス性能も実現しており、幅広い撮影シーンに対応します。


35mm判換算で24mm相当ということで風景や街の表情、室内の雰囲気を伝えたい時にオススメです。

軽量コンパクトで高速AFということもスナップシューターにとってはピッタリのレンズ。

外装も金属パーツを用いているので、所有する楽しみもありますね。


仕様

レンズ構成 8群10枚 (非球面レンズ2枚)
焦点距離 f=16mm (35mm判換算:24mm相当)
画角 83.2°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F22
絞り形式 9枚 (円形絞り)
1/3ステップ (全19段)
撮影距離範囲 17cm~∞
最大撮影倍率 0.13倍
外形寸法:最大径×長さ ø60.0mm x 45.4mm
質量 155g
フィルターサイズ ø49mm
同梱品 レンズキャップ FLCP-49
レンズリアキャップRLCP-001
レンズフード
ラッピングクロス


最新の価格を知りたい方はこちらへ

Amazonはこちら ⇨ 「XF16mmF2.8 R WR」

楽天はこちら ⇨ 「XF16mmF2.8 R WR」