フォートナイト初心者はスキンを買う前に、このゲーミングキーボードを買おう!「Archisite ProgresTouch RETRO TKL(アーキサイト プログレタッチ レトロ テンキーレス)」

  • 2020年5月20日
  • 2020年5月22日
  • Game

緊急事態宣言でロケ撮影がなくなり、ヒマな時間にゲームをやり始めました。

小学校の頃からゲームをやっていたし、最近のゲーム機でもゲームをやっていたので、どんなゲームでもこなす自信があったんですが、このゲームは難しい。

その上、収入激減で血迷ったのかコントローラじゃなくて、キーマウ(キーボードとマウス)でチャレンジしたことが、さらにハードルをあげちゃいました。


フォートナイト

Epic Games(エピックゲームズ)が販売・配信するアクションビルディングゲーム、サードパーソン・シューティング、バトルロイヤル、プレイヤー対モンスターゲーム。

簡単にいうと、戦うゲームです。

ただ、戦うのではなく、建築という要素が入って来るので、さらに難易度が高くなります。

対応プラットフォームはPC(Windows/macOS)、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、iOS、Androidと幅広いです。


スキン

フォートナイトは基本的に無料でプレーできるんですが、課金要素があります。

ただ、課金しても強くなりません。

じゃあ、なんで課金するのかというとカッコいいからとか、そんな理由です。


で、課金要素の中にスキンというものがあります。

このスキンというのは、コスチュームです。

様々なコスチュームがあり、自分が好きなものを選ぶというのも楽しみのひとつです。


種類がたくさんあって、値段もグレードによって違います。

800から2,000V-Bucksで購入することができます。

V-Bucksというのはフォートナイトの世界で使用する仮想通貨です。

イメージとしては、だいたい1V-Bucksは1円です。


ゲーミングキーボード

ということで、本題に入りますけど、スキンにお金を使う前にキーボードを買った方がいいですよという話です。

キーボードとマウスを使うわけですが、実はマウスの方が優先順位が高いです。

ということで、キーボードは何でもいいんじゃないかと思われがちなんですが、実は違うんですね。


前後左右やジャンプなどはキーボードを使うので、キーを使う回数が半端ないわけです。

それなのにどうでもいいってことはないですよね。


Archisite ProgresTouch RETRO TKL(アーキサイト プログレタッチ レトロ テンキーレス)

カメラマンって、機材フェチな人が多いんですが、ぼくもけっこう機材のことを考えるのが好きなんですよね。

そんなボクが探し出したのが、この「Archisite ProgresTouch RETRO TKL(アーキサイト プログレタッチ レトロ テンキーレス)」というキーボードです。

値段も性能も絶妙。


詳細は動画で解説したので、キーボードに興味がある人は、ぜひ見て下さい。

ゲームだけじゃなくて、普段使いでも、まったくキータッチや疲労の度合いが違うのでオススメです。

ただ、ボクの場合は仕事はMacなので使えません。

残念なことに、基本的にゲーミングキーボードはWindows用なんですよね。



まとめ

どうでしたか?

キーキャップまで変えちゃいましたが、本当に以前の安めのゲーミングキーボードと比べて使い勝手は段違いです。

実際に成績も上がりました。

キータッチの違いは感動的ですよ。