ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

プロカメラマンが教える裏ワザ。ハッセルブラッドのレンズを35mmフルサイズカメラで使おう!

ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプターを紹介します。

ハッセルブラッドのレンズは素晴らしいものが多いので、そのレンズを最新のデジタル一眼レフで使用したい人は多いはずです。

どうやって使うか、まとめました。

ぜひ、参考にしてください。

簡単に使うことができますよ!


装着方法

ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

マウントアダプターの赤い点がある方がレンズ側になります。


ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

レンズのマウントにオレンジの三角マークがあるのでマウントアダプターの赤い点と位置を合わせて装着します。


ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

レンズとマウントアダプターが装着できましたか?


Canon EOS-5DsR

装着できたら、カメラボディのマウントにある赤い点とマウントアダプター側面の白い三角マークを合わせます。


ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

そうするとボディにレンズを装着することができます。

これで準備完了です。


ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

外す時は今と反対の順番で進めれば良いのですが1点だけ注意があります。

それはこのマウントアダプターについている脱着レバーをしっかりと押してから外さないと噛んでしまってうまく外れないということです。

噛んでしまうと面倒なことになるので、あせらずにきちっと押してからレンズを外してください。


実際に撮影する方法

絞り値以外は全てカメラボディ側で設定します。


Canon EOS-5DsR

絞り値はカメラのディスプレイには表示されずカメラ側で設定できません。


ハッセルブラッドVシステムのレンズをCanon EOSマウントに使用するためのマウントアダプター

絞りの設定はレンズの絞りリングを使用して設定します。


素晴らしいハッセルブラッドのレンズたちが自分のものに

ハッセルブラッドのレンズはレンズシャッターです。

その為、マウントアダプターにありがちな撮影の際に絞り込みが必要ありません。

とても使い勝手が良いです。

その上、TTLもそのまま使用できるので露出もわかりやすいですね。


ただピントはマニュアルのみですし、開放値もあまり明るくありません。

その為、ピント合わせは技術と細心の注意が必要です。

扱いが難しいところもありますが、このレンズは本当に素晴らしいポートレイトを撮影することができます。


ぼくは、このレンズで撮影する時は楽しくて仕方がありません。

ファインダーをのぞいていると、吸いこまれそうになるくらいの空気感を感じます。

写真じゃないですよ。

ファインダーの中の画像を見るだけで、こんな感じです。


価格的にはCanonのLレンズを購入するのと、ほぼ同じです。

高いと思うかもしれませんが、一度のぞいてみてください。

絶対に高くないと感じますよ。

もちろんLレンズは素晴らしいレンズですし、汎用性の高さはトップクラスです。

でも、このレンズはもっと写真の本質的なところへ連れていってくれます。

その写真の深みというか奥深さを感じたい人には超オススメです。


関連記事

Hasselblad Carl Zeiss Macro-planar CFi 120mm F4.0 レンズ選びは写真を撮影する上で大事な要素です。 焦点距離も様々ですし、レンズの性格もそれぞれ違うことがレンズ選びを難しくして[…]

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するHasselblad Carl Zeiss Macro-planar CFi 120mm F4.0