パナソニック LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)

「LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)」25-400mmの破壊力はハンパない!プロカメラマンも驚きの光学16倍

パナソニックから発売された、新しいデジタルカメラ「LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)」

パナソニックは、このデジタルカメラをフィールドズームコンパクトカメラと呼んでいます。

このカメラは、どんなカメラなんでしょうか。


「LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)」の特徴

光学16倍 LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ

LEICA DC VARIO-ELMARITレンズと名乗る、このレンズは11群15枚のレンズ構成で高画質と光学16倍を実現しています。

ワイド側ではF2.8、テレ側でもF4.0という明るい大口径レンズ。

広角25mmから望遠400mmまで1本で対応できるズームというのは、使い勝手が非常に高いと思います。

さらにワイド側で3cm、テレ側で1mのマクロ撮影が可能なので、幅広いシーンに対応できます。


大型1.0型20.1M 高感度MOSセンサー

有効画素数2010万画素、高感度な1.0型センサーを搭載。

通常コンパクトデジカメに搭載されている1/2.3型センサーと比べ、約4倍の面積をもつ大型センサーは、画質面で圧倒的に有利。

最新の映像エンジンを搭載しているので高感度・高解像力・高い色再現力を実現しています。


ズームバック機能

光学16倍ズームという高い倍率を実現している為、被写体を見失うことがあります。

そんな時に役に立つのが、このズームバック機能。

レンズ側面に配置された「Fn3ボタン」を押し続けることで、一時的にズーム倍率を下げて被写体を探すことができます。

ボタンから指を放すと元のズーム倍率に戻ります。

ワンタッチでこの作業ができるというのが、時間の無い撮影現場では助かります。


USB充電

通常、デジタルカメラのバッテリーは専用の充電器が必要です。

そんなに大きいものでは無いのですが、意外にかさばりますし、忘れるリスクもあります。

でも、「LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)」はUSB充電が可能。

USBケーブルだとスマホ用に持っていますし、忘れても、どこでも手に入ります。

他のカメラでも、実現して欲しいくらい最高の機能ですね。


スペック

撮像素子 1.0型 高感度MOSセンサー
2010万画素
焦点距離 f=9.1-146mm(35mm 判換算: 25-400mm)
絞り 7枚羽根虹彩絞り F2.8 – 4.0 (W端)F2.8 – 11 (T端)F4.0 – 11
記録画素数 5472×3648 (20M)
動画 [4K] 3840×2160, 30p記録, 100Mbps
ファインダー 0.39型/約236万ドット
約100% / 約0.74倍
シャッター 60-1/4000秒(メカシャッター)
1-1/16000秒(電子シャッター)
連写 約12コマ/秒
モニター 3.0型 / 約124万ドット
タッチパネル / 視野率 約100%
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth v4.2
外形寸法 幅 約136.2mmx高さ 約97.2mmx奥行 約131.5mm
質量 約758g(本体)


レビュー動画

海外用オフィシャルプロモーションビデオ

FZ1000IIとFZ1000の比較


まとめ

プロカメラマンとして、このカメラを使うなら、どんな場面かなと想像してみました。

意外かもしれませんが、取材撮影に使ってみたいと思いました。

取材って、様々なものを撮らないといけないし、カメラを持って長い距離を移動することも多いです。

そんな時、軽量コンパクトで高倍率ズームレンズ搭載は、すごい助かりますね。


ワイド側が少し物足りない部分はありますが、25mmでも屋外であれば建物の外観も十分に対応できます。

望遠側は特に撮れないものは無いと思います。

さらにレンズ交換をしなくていいので、撮影時間も短縮できます。

イメージセンサーが小さいというデメリットも取材レベルであれば、全く問題ありません。

考えているうちに、実際に取材撮影で使ってみたくなるほど、カメラの特徴がピッタリでした。

機会があれば、取材撮影で試してみるつもりです。


みなさんはパナソニックがフィールドズームコンパクトカメラと呼ぶ理由がわかったでしょうか。

一番大きな理由はやっぱり、光学16倍ズームということだと思います。

ボクらプロカメラマンは望遠400mmというと、スポーツ撮影で使うイメージ。

フィールドという言葉をどう定義するかによっても変わりますが、大きな意味で屋外と捉えれば納得できます。


本体重量が約758g。

この重さのカメラで400mmの画が撮れるということは、ものすごい事です。

400mm、F4という同じ条件のズームレンズが見つからなかったので、単焦点レンズで比べるとレンズだけの重量で2100g。

そう考えると、コンパクトどころではないくらいのサイズ。

パナソニックがいう通り、フィールドズームコンパクトカメラと呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。


最新の価格を知りたい方はこちらへ

Amazonはこちら ⇨ 「LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)」

楽天はこちら ⇨ 「LUMIX FZ1000 II(FZ1000M2)」