FUJIFILM(フジフイルム) GFX 50S

「FUJIFILM GFX 50S」を買おうか迷っているプロカメラマンのボク。中判ミラーレスってどう?

仕事で解像力の必要な撮影があり、カメラを探していました。

調べていると条件的に良さそうなカメラを発見。

そのカメラは「FUJIFILM GFX 50S」

中判フォーマットのミラーレスカメラって、どうなんでしょうか。



「GFX 50S」のココがスゴイ!

センサー

中判サイズの43.8×32.9mmの大型CMOSセンサーを搭載。

有効画素数5140万画素と画素数的には、スゴさを感じないかもしれません。

でも、イメージセンサーの大きさの差は35mmフルサイズと比べて、約1.7倍

この差は確実に描写力に反映されます。


プロセッサー

画像処理エンジンはX-Processor Pro。

富士フイルム独自のフィルムシミュレーションによる美しい色再現を可能にすることができるのも、このエンジンのおかげ。

フィルムに馴染みがあるカメラマンには仕上がりが予想しやすく、とてもありがたい機能の1つです。

それ以外にも、コントラスト方式によるAF、起動時間、レリーズタイムラグ、撮影間隔などの時間短縮に大きく役立っています。


ISO感度

常用感度はISO100~12800に設定。

中判サイズになって、イメージセンサーが大きくなると高感度の描写力低下が目立つ傾向があります。

その中で常用感度として12800が使えるのは大きなアドバンテージ。

どんな状況でも撮影することができるというのは、カメラマンにとって信頼できるカメラと言えるでしょう。


電子ビューファインダー

ファインダー倍率0.85倍、視野率100%。

369万ドットの着脱式EVFを標準装備しています。

商品撮影はもちろんポートレートでもライティングはファインダーを通して確認します。

光学式に慣れている、ぼくにとって電子ビューファインダーでライティングが確認できるか不安なところです。

ただ、スペックを見る限り、その不安は杞憂になりそうです。


シャッター

中判ミラーレスカメラ専用フォーカルプレーンシャッターというのは世界初ということです。

耐久性能は15万回。

ミラーレスの特徴である使用できるシャッターの種類が多く、さらにそれを組み合わせることで5種類の撮影方法を可能にしています。


フォーカス

TTLコントラストAFを搭載。

AF測距点は9×13の117点、17×25の425点から選択可能です。

フォーカスレバーがカメラ背面にあり、スティック操作で素早くフォーカスエリアを移動。

フォーカスしたい場所が刻々と変わる撮影では、このレバーがあるか無いかで撮影結果が大きく変わります。


35mmサイズのカメラでは標準で搭載されることが多くなった瞳AFが、この中判サイズでも搭載されました。

「GFX 50S」はイメージセンサーが大きい為、被写界深度が浅くなっており、ポートレートでは瞳AFが大活躍するはずです。

さらに被写界深度スケールという機能があり、モニター上で被写界深度を確認することができます。


「GFX 50S」の主な仕様

撮像素子(有効画素数) 43.8mm×32.9mm ベイヤ―CMOSセンサー
約5,140万画素
ファインダー 0.5型有機ELファインダー 約369万ドット(視野率約100%)
倍率:0.85倍
背面モニター 3.2型タッチパネル式3方向チルトTFTカラー液晶モニター
約236万ドット(視野率 約100%)
シャッター速度 メカニカルシャッター:60分~1/4000秒
電子先幕シャッター:60分 ~ 1/4000秒
電子シャッター:60分~1/16000秒
メカ+電子シャッター:60分~1/16000秒
電子先幕シャッター+電子シャッター:60分~1/16000秒
ストロボ同調速度:1/125秒以下
感度 ISO100~12800(拡張でISO50/25600/51200/102400)
記録画素数 8256×6192
連写 約3.0コマ/秒
オートフォーカス TTLコントラストAF
測距点:13×9/25×17のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)
通信機能 IEEE 802.11b/g/n
記録媒体 SDカード(~2GB)/SDHCカード(~32GB)/SDXCカード(~256GB)UHS-Ⅰ/UHS-Ⅱ対応
バッテリー NP-T125
撮影可能枚数 約400枚
サイズ (幅)147.5mm×(高さ)94.2mm×(奥行き)91.4mm
約920g


まとめ

中判サイズのミラーレスカメラ「GFX 50S」は、なかなか良さそうな感じがしました。

イメージセンサーが大きいことによる、解像力と階調性能の高さ。

この描写力の高さは35mmフルサイズの最新カメラでも、全くかないません。

それだけで「GFX 50S」を購入する大きな理由となりえます。


ただ、今回の購入理由である解像力の高さが必要という点で5140万画素というのがひっかかります。

もう少し、画素数が欲しいところです。

そうなると、価格も上がっていくので、コストとのバランスを考え、悩んでいます。


本当は何かしらの方法でテストするのが一番なんですが、本番撮影まで時間がありません。

なぜか、撮影で機材が必要になる時って、いつも急なんですよね。

これは本当に不思議です。


撮影日から考えると、今週末には決めなければなりません。

あー、悩ましいところです。

みなさんには、こんな機材の買い方は本当にオススメしません。

死亡フラグが立っている感は否めませんが、買うにしても買わないにしても決まったら報告します!


最新の価格を知りたい方はこちらへ

Amazonはこちら ⇨ 「FUJIFILM GFX 50S」

楽天はこちら ⇨ 「FUJIFILM GFX 50S」