FUJIFILM GFX100

「FUJIFILM GFX100」Movies Vol.2

「FUJIFILM GFX100」のポテンシャルの高さが、よく分かる動画を紹介します。

今日の動画は「広告写真」と「ポートレート写真」の写真家が「FUJIFILM GFX100」で実際に撮影している様子が収められています。

Pal Laukli (Norway)

1975年生まれ。

ミズーリ大学でフォトジャーナリズムを学ぶ。

エネルギッシュな彼の個性が写真に垣間見える。

光と影をうまく使った作品は、遊び心があり、クリーンでミニマリスティックと言われる。

個展を多く開催し、現在ノルウェーで最も人気がある商業写真家の一人でもある。

現在、ANTI Denim, Statoil, Dagens Næringsliv and Kronprinsparets Fondなどが主なクライアント。





Shenjie Wu (China)

私はしばしば大衆と現実と乖離しますが、私の考えは衝動的ではありません。

私は多くの博物館や展覧会に足を運び、作品からインスピレーションを得た物語を学んできました。

感情に基づくこともあれば、妄想に基づくこともあり、音楽に触発されることもあり、また芸術作品を鑑賞したり、道を歩いたり、人生を経験したりすることから影響を受けることもある。

アイデアが浮かんだら、計画書やムードボードを作ります。完璧な準備なしには、希望の写真を撮ることはできません。

私は写真家として、写真時代がフィルムからデジタルに移行していくのを目の当たりにしています。

暗室での処理からデジタル編集まで、写真の形式は私の理解では大きく変化しているようだが、基本的な変化は起きていない。

それはまだ、予備ステージと写真操作の間の組み合わせに関することだ。

アンセル・アダムスは、映画時代の準備段階と写真操作を完璧にマスターした世界で最も代表的なトップカメラマンだ。

デジタル時代に入った今、この組み合わせを大切にして、より価値のある写真を作っていきたいと思います。

そのため、デジタル写真家としては、完璧な画像を作成するまでは、編集と完璧に結合するように撮影プロセスを制御し、デジタル編集の能力を向上させ続ける必要があります。

最終的には、デジタル写真が私たちのために光り輝く美しい反響を感じるために。

私は、写真家が他人と共有し、コミュニケーションをとればとるほど、幸せになり、上達すると信じています。写真家は、幸せの中で学び、コミュニケーションの中で発見し、共有の中で理解を深めることができた。

創造の過程で多くのイメージが頭に浮かぶだろうが、その突破口となるのは、多くの場合、人生におけるより多くの発見に基づいている。

写真技術はデジタル時代にデータに取って代わられたが、日常的で型破りな価値観、思想、感情、意味を発見するためには、著者の深い文化的遺産と自己発見能力に深く根ざした感動的な作品である。

写真は学び、探求し、発見するための無限の道です…。



最新の価格を知りたい方はこちらへ

Amazonはこちら ⇨ 「FUJIFILM GFX100」

楽天はこちら ⇨ 「FUJIFILM GFX100」