FUJIFILM GFX100

「FUJIFILM GFX100」Movies Vol.1

「FUJIFILM GFX100」のポテンシャルの高さが、よく分かる動画を紹介します。

今日の動画は「ポートレート」と「建築写真」の写真家が「FUJIFILM GFX100」で実際に撮影している様子が収められています。

Philipp Rathmer (Germany)

1968年、デュッセルドルフ生まれ。デュッセルドルフは写真家としての技術を磨いた場所でもある。

1993年から1995年までニューヨークに暮らし、主にハンス・シュミットのアシスタントを務める。その後、ハンブルクへと移り、国際的な仕事に乗り出した。広告・編集の仕事以外に、多くの有名人を撮影(レディ・ガガ、クリストフ・ヴァルツ、ジュリエット・ルイス、ヨアヒム・レーヴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ティム・メルツァー、ダニエル・ブリュール、ヴァネッサ・メイ、ニック・カーター、ジェイ・Z、ミハエル・シューマッハおよびラルフ・シューマッハ、ニコ・ロズベルグなど)。作品では、常に彼ならではの方法で被写体を自然に強調し、独自性を出すように試みている。

作品は多岐にわたるが、常に独自のスタイルが維持されている。
Rathmerは、ライティングで遊び心を発揮し、何度となく新境地を開拓している。
PhilippはBFF (Bund Freischaffender Foto-Designer – Association of Freelance Photo Designers).のメンバーである。





Beno Saradzic (UAE)

Benoはスロベニア生まれのタイムラプス映画カメラマンです。現在はアラブ首長国連邦のドバイを拠点に活動していますが、現在の情熱への道のりは長く曲がりくねったものでした。

Benoは18年間、3D Computer Animation and Architecture Visualizationのスペシャリストとして、専門分野での 「見る術」 を身に付けてきました。世界中のクライアントのために何百ものプロジェクトに携わった経験豊富なデジタルアーティストとして、Benoは1993年の権威ある 「Tektronix International Design Visualization Competition」 の受賞に加え、 「Autodesk Master」 のランク付けなど、数々の賞を受賞しました。

建築ビジュアライゼーションの芸術に継続的に貢献したことにより、Benoは2005年にKinetix/Autodeskから 「Special Merit of Excellence」 賞を受賞しました。Benoの3Dコンピュータ生成アートは、 「3DS MAX2008Foundation」 など、いくつかの国際的な建築ビジュアライゼーション出版物や書籍に掲載されています。

2008年、Benoは写真とタイムラプス映画の世界を発見するための新しい創作の道を探り始めた。基礎がしっかりしていて、関連するタイプの視覚芸術で何十年も練習してきたBenoは、新たに発見した情熱への移行が早かった。

スタイル的には、Benoの包括的なポートフォリオは、建築への深い愛情と科学的原理の理解によって定義されています。彼の光と骨組みの使用は、映画芸術や古典絵画の巨匠から強い影響を受けている。自立し、個人としての卓越性とプロフェッショナルとしての卓越性を求め続けることに慣れているBenoは、人生は永遠に続く学習の道であると信じています。彼は、特定のジャンルや専門分野への参入を拒否しながら、写真や撮影技術の新しいスタイルを絶えず試みている。広範で多様なテーマを彼のレンズの前に置いておくことは、Benoの創造的な生命線とインスピレーションの秘密の源です。



最新の価格を知りたい方はこちらへ

Amazonはこちら ⇨ 「FUJIFILM GFX100」

楽天はこちら ⇨ 「FUJIFILM GFX100」