Profoto A1を開けてみた!

Profoto A1が届いた時の様子です。どんな付属品がついているかって興味ありますよね。
開けていく様子を紹介しちゃいます!

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

なかなか、カッコよいパッケージですね。箱の素材感も高級感があり満足度が高いです。

名古屋の写真家、naovicが紹介するprofoto A1

箱を開けるとケースに入った本体とお洒落なサイン付きメッセージ。デザイン性の高さはさすがスウェーデンの会社です。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

柔らかい布のケースにバウンスカードとそれを取り付けるバウンスカード用ホルダーがセットで入っています。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

充電器は電源コードのあるタイプです。電源コードがかさばりますがバッテリーが大きく、重量があるので直接、コンセントに挿すタイプより安定して良いと思います。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

ケースには本体とドームディフューザーとスタンドがセットで入っています。使用するまとまりごとにセットになっているのはとても親切ですね。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

TTLモードとマニュアルモードを変えるスイッチが側面についています。大きめのスイッチで押し間違えもなく、確認しやすいというのは忙しい撮影現場ではすごいアドバンテージになると思います。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

ボタンもダイヤルも大きめで分かりやすく、操作しやすいです。操作系のユーザーフレンドリーの高さはProfotoのストロボに共通していて僕はとても好きです。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

ファームウェアのアップデートなどで使用するUSBが側面についています。今後、機能が追加される可能性があるのも楽しみですね。

名古屋の写真家、naovic( ナオビッチ )が紹介するprofoto A1

マニュアルズームリングが付いていて、無段階に照射角度を調整できます。照射角度を調整できるとライティングの幅が広がりますね。

ストロボがうまく使えず困っている人はきっと写真が変わりますよ!

実際に撮影した写真や使った時の感想を書いたのでぜひ、見てください!

Profoto A1

PAGE TOP