切なく刹那な写真

写真は生 (始まり) と死 (終わり) によって構成されています。つまり、光があれば影が射すように、始まりがあれば終わりがある。終わりがあるからまた始まりがあるのです。そして写真は生きている時間を撮影することで本質的に生を失わせる。写真の中ではすべてのものが常に生と死を向かい合わせに持っています。生と死を意識する事。それは切なさではないか。だから、ぼくは切なさを写真を撮る刹那さで表現するのです。

Review

このページでは僕が実際に使用した機材を中心に紹介します。スペックや機材比較なども行いながら、実際に使用した感想や撮影した写真などでわかりやすく説明します。

Professional

プロを目指す人向けに撮影方法やライティング等の実践的な技術をシンプルに分かりやすく説明していきます。

Beginners

初歩的なことをカメラを始めたばかりの人やカメラ女子向けにわかりやすく紹介します。読めば自然に撮影知識と技術のレベルが上がる事を目指しています。

PAGE TOP